葬儀の時は華美は厳禁

華美な物は葬儀時は外す

葬儀の際に男性のアクセサリー

葬儀に参列する場合男性であってもできるだけ華美な服装にならないように注意しなければなりません。またアクセサリーも華美にならず派手なデザインは控えるようにするのが一般的ですが、結婚指輪や派手な腕時計でなければ身に着けておいても構いません。しかし金具の部分が派手なものであったり、ゴールドの時計やブレスレットなどは外しておいたほうが無難でしょう。またネクタイピンはつけないほうが通例となっています。葬儀ではできるだけしめやかに故人をお送りするためにも最低限のアクセサリーにとどめておいたほうがよいでしょう。

葬儀の際はアクセサリーを外す

葬儀に参列する際は、結婚指輪以外のアクセサリーは外すのがマナーです。女性ならば、結婚指輪以外にパールのイヤリング、ネックレスを付けても構いません。男性は、ネクタイピンも外しましょう。パールのネックレスは一連のものにしましょう。また、髪飾りを付ける場合はあからさまに動物と分かるようなものや、クロコダイルやエナメルなどの光る素材のものは避けてください。また、アクセサリーの他に、ベルトのバックル、靴やバッグ留め金もなるべく光らないものを選びます。葬儀での身だしなみはその人の気持ちを表します。光る物は外して、悲しみの気持ちを示しましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀参列時のアクセサリー All rights reserved