葬儀の時は無しでも

葬儀のパールアクセサリー

葬儀の時のアクセサリーにピアス

お葬し式の日に喪服を着た場合、和装はもちろんアクセサリーをつけませんが、洋装でも結婚指輪以外は、身につけないがマナーとされていました。ただ、ジェットやオニキス等の黒い宝石はよいとされていました。イギリスのエリザベス女王が、故チャーチル首相の葬儀のときに、真珠のネックレスを身につけたので、それ以降一連の真珠は、身につけてもよいという習慣ができました。また、真珠は涙の象徴と言う意味もありますので、葬儀に、最もふさわしい宝石でしょう。葬式に真珠を身につけていいなら、ネックレスばかりでなく、イヤリングもピアスも身につけて良いのではないかと考える場合がありますが、お葬式の場合、「アクセサリーは真珠のネックレスと結婚指輪」のみ、身につけて良いものなのです。ピアスは、たとえ真珠でも外しておくべきでしょう。

葬儀の際に身に付けても良い物

葬儀には原則、結婚指輪以外のアクセサリーはつけてはいけてはなりません。特に和装の場合はその通りです。一方、洋装では葬儀であってもジュエリーを身に付けないのはドレスコード違反だという考え方と、和装と同様に装飾品は付けないのが正式であり、アクセサリーは単にオプションとして身に付けることが許されているに過ぎないと考える考え方に分かれるようです。とはいえ、所属する宗教やその地方独特の慣習が無い限り、女性である以上、故人を見送るのにマナーが許す限り最高の恰好をするのが礼儀と考えても差し支えないのではないでしょうか。その場合、涙を表す真珠や黒い宝石であるオニキス・黒曜石・ジェットは身に付けても問題ありません。ただし一般的にはシンプルな一連のネックレスがマナー上の限度ですので、注意が必要です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀参列時のアクセサリー All rights reserved