葬儀にはパールを

葬儀にはパールのアクセサリー

葬儀にもつけられるアクセサリー

葬儀の時に女性が身に着けられるアクセサリーはパールのネックレスです。パールは涙を連想させるので悲しみを表し、唯一身に着けることが許されている宝石です。パールにもいろんな種類がありますが、小粒なものでも大粒なものでも構いません。色は白と、ブラックパールなども喪服と相性がいいでしょう。ただし、バロックと呼ばれる形が不ぞろいなものを使用したネックレスはカジュアルすぎるので葬儀には向きません。煌びやかなもの、厳かな雰囲気が失われるものは基本的に避けたいので、つけてみて違和感があるデザインのものは避けましょう。

葬儀で身につけるアクセサリー

葬儀の場では、失礼のない装いをすることが大切。そのため、アクセサリーにも注意が必要です。結婚指輪以外は、アクセサリーを身につけなくてもよいといわれますが、1点だけつけるならネックレスがよいでしょう。涙を連想させる真珠が一般的で、「不幸が重ならないように」という意味で一連にします。真珠の色は、白か黒にしましょう。真珠以外では、黒珊瑚やブラックオニキスも身につけてOKです。ただし、一連のネックレスであっても、華美なものや輝きのあるものはNG。葬儀にふわさしい、TPOをわきまえたデザインのものを選びましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀参列時のアクセサリー All rights reserved