葬儀の装飾品とは

葬儀参列時のアクセサリー

葬儀のアクセサリーはどうするか

葬儀は、亡くなった人の冥福を祈り、故人を無事あの世へ送る儀式です。葬儀のときに身につけるものは、女性の場合ブラックフォーマルであり、本来アクセサリーはつけないものですが、涙をあらわす真珠のネックレスは身につけても差し支えありません。ただ、必ず一連の物を身につけます。ネックレスがいいならピアスもと考えがちですが、亡くなった人を無事、あの世へ送る儀式ですから華美にならない事を考えることが大切です。なお結婚指輪は外さなくても差し支えありません。婚約指輪の場合、目立たないようにするために、石の部分を内側に向けることが良く行われます。

葬儀に装着していいアクセサリー

葬儀に参列する際のマナーとして、不特定多数の人の目に触れるという点で服装のマナーには気をつけなければなりません。特に間違える人が多いのが葬儀におけるアクセサリーのマナーです。装着しても良しとされているのは真珠ですが、イヤリングならば一粒のデザインを選びます。そしてネックレスをつける時は必ず真珠の一連ネックレスを装着します。真珠の二連ネックレスは不幸が「重なる」という意味合いにつながるのでマナー違反となります。また、金やプラチナ、シルバーなどのネックレスや、真珠以外の宝石のイヤリングや一連ネックレスもNGです。

↑PAGE TOP

Copyright © 葬儀参列時のアクセサリー All rights reserved